読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FinTechについて:その①

最近やたらと耳にする「FinTech」革命。。。「金融 x テクノロジー」の合わせ言葉。

 

直観的にはとても分かり易い言葉だが、妙に理解したような錯覚を覚えるし、詳細が分かり難くなる気がする。FinTechイノベーション。昔ハイテク企業に働いた時には、「イノベーション」とは何かなどの議論・定義付けをした記憶がある。

 

現在の私の大雑把な考えは、イノベーションとは、

①何かの「Pain Point(痛み、不便さ等)」を少しでも解消して、

②人々の行動パターンを変えたかどうか、

だと思っている。

 

IT技術革新に伴い、現在行っている作業が効率化されていくのは、あくまでも「改善」。現行のプロセスを簡素化、標準化、IT化を図るのは、この過去何十年、繰り返し行われて来たことです。①のペインポイントだけを解消したのであれば、狭義のイノベーション。でも、重要なのは②行動パターンを変えること。

 

例えば、今までやっていた作業から解放され、その余剰時間で全く違うことを始められるというレベルから、やり方自体がガラリと変わるまで。従来のやり方そのものを変える、これが真のイノベーションではないでしょうか?より速く意思決定できる判断材料を提供するのでなく、実際の行動へ移すきっかけをもらう。「出来る・出来ない」の議論でなく、「やるか・やらないか」の作戦。結構違うな。

 

私はこの観点から昨今の新規ビジネスの台頭を静観しつつ、こんな事あんな事が起きるのではないかと日々妄想しています(笑)本当に劇的に状況が動いているので、面白いですよね。イノベーションを支えるテクノロジー側の話しをするとまた長くなるので、それはまたいつか。これもかなり深いです。